潜むクラス

昨日の朝、仕事に向かう途中に、スタバに寄り道をしました。飲み物を待っている間に、日本語が書かれたティシャツを着ている男の人に気が付きました。彼に「すみません。あなたのシャツの写真を撮ってもいいの?」と聞きました。彼は「いいよ」と答えました。

仕事後に、日本人の友達全員に写真を送りました。みんなの反応は同じでした。「意味が変わってる」とか「変なシャツだと思う」とか「どんな意味何だろう」と言いました。実は意味が分かりませんでした。「潜む」は英語で、色々な意味があります。例えば「to lurk、to be hidden、to be concealed、to lie dormant」です。ニュアンスはちょっと違うと思います。だから、「潜むクラス」の直訳はめっちゃ難しいです。

写真を送った1時間後に、友達の京子さんがこのリンクを送ってくれました。そのサイトによると、「潜むクラス」は英語で、「Lurking Class」という意味らしいです。

「Lurking Class」は「Working Class」というフレーズの駄洒落ですよ。「Working Class」は日本語で「労働者階級」という意味です。「Lurking」は「Working」と韻を踏んでいます。「Class」は意味が5つもあります。この状況は「クラス、階級」が主要な意味です。「クラス」は「階級」を取り替えています。最後に、「潜んでいる」の方が「潜む」より正確でも、「潜む」の方が短いので、使われました。

今、意味が分かったけれど、今でも、シャツの絵は不気味だし、意味は超変だと思っています(笑)。

添削(2019年8月17日)

  • 寄れ道→寄り道
  • 書いた→書かれた
  • 仕事後で→仕事後に
  • 意味は変わった→意味が変わってる
  • 1時間写真を送った後→写真を送った1時間後に

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s