SunSet

同じ涙がキラリ、俺が天使だったなら
星を持っている二人、せつなさにキュッとなる
心と心つないでる、かすかな光

スピッツさんの涙がキラリ

先月、スピッツという日本のバンドを聴き始めました。ある日、ユーチューブで日本語を教える先生が「空も飛べるはず」というスピッツさんの曲を教えてくれました。先生によると、スピッツさんは日本人に大人気だそうです。それで、ユーチューブで、スピッツというバンドを探してみました。そして、横浜サンセットというスピッツのライブの動画が見つかりました。何てすごいライブだろうと感動しました。

2013年横浜サンセットというスピッツのライブ

動画の中で、ドラマーの後ろの大きなバナーに「サンセット」という言葉が英語で書いてありました。でもね、「Sunset」の代わりに、「SunSet」と書いてありました。これはダジャレです。皆さん、気付きましたかな。「SunSet」は2つの言葉として読むことがきでます。つまり、「Sun」と「Set」に分けられるということです。しかも、英語では、「Set」の意味がたくさんあります。この状況は、「Set」は日本語で「演奏」という意味です。なので、「SunSet」の意味は日没の演奏ということです。

更新と添削(2020年6月14日)

  • 大人気がある→大人気だ
  • スピッツということ→スピッツというバンド
  • 動画の中に→動画の中で
  • という言葉を→という言葉が
  • 「SunSet」を→「SunSet」と
  • これが→これは
  • 「SunSet」がそれぞれの2つの言葉として読めます→「SunSet」は2つの言葉として読むことがきでます
  • が読めるということです→に分けられるということです

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s